Let's take it easy.@サンディエゴ

のんびり 気楽に アメリカ生活

The noguchi museum. ノグチ美術館

こんにちは!shimikaです♪

NYの記事が書き終わらず、
書きたい出来事が
どんどん
どんどん
溜まっていて、
かなり焦っています😅

なので今回は
手短に書きたい!
と思っています♪

今回は、
日系アメリカ人美術作家の
イサム・ノグチさんの美術館
The noguchi museumを紹介します。

NYでは
割とマイナーな美術館です。

なぜ、わざわざ
マイナーな美術館に
足を運んだのかというと、
日本で自宅用に購入した
ローテーブルが
ノグチさんがデザインしたもの
だからです。

【イサム・ノグチのコーヒーテーブル】
ノグチコーヒーテーブルイメージ


本物を見てみたい!
と言うことで行ってきました。

ノグチ美術館は、
ノグチさんご本人が生前に
創設だけでなく
デザインすべてを手がけています。



大きな窓から
木漏れ日が差し込んできて
心地よい空間でした。


ノグチさんは、
彫刻家としても有名だそうで
岩や石、鉄などを使用した
作品が多数展示されていました。


それらの作品が
見事に調和していて
不思議と
居心地が良かったです。





造園家としても活躍されていたそうで、
美術館の庭園も
綿密に計算された
設計になっていました。




ただ、
解説がある作品が少なく、
忽然と多数の作品があるので、
好き嫌いが分かれる
美術館かもしれません
(^_^;)



奥の方に進むと、
ノグチさんが生んだ
光の彫刻
がありました。

帰国したら
AKARIコレクションを
購入したいと思っているのは、
ここだけの話。



ところで、
私が一番見たい
コーヒーテーブルは一体どこにあるの?

館内全部回ったのにないな、
思っていたら

館内の一番奥に
併設されている
カフェの中にありました!!


 

本物は、
ガラス天板の縁に
ノグチさんのサインが
刻まれていました。

足の素材も
少し違う感じがしました。

なんかもう、
魅力的な作品に囲まれて
美術館全体が
居心地も良くて
最高ですよ。
ここに住み込みで働きたい笑


イサム・ノグチの作品は
世界中に散らばっています。
あれも彼の作品だったの!?
と驚くこともしばしば。

今回は、ほんの一部ですが、
ノグチさんの作品に触れることができ、
彼の作品と彼自身をより好きになりました。

日本には
香川県に
北海道には
彼が計画に参加した
あるそうなので、
帰国したら行ってみたいと思います(^-^)

★今回紹介したこと★

Instagram:i_am_shimika
shimika

Comment

Add your comment

Latest