FC2ブログ

Let's take it easy.@サンディエゴ

のんびり 気楽に アメリカ生活

アメリカの医療施設 Planned Parenthood.

こんにちは!shimikaです♪


今日はPlanned Parenthoodという

アメリカの非営利団体について紹介したいと思います!



Planned Parenthoodは、アメリカはもちろん世界で

リプロダクティブヘルスケアを提供している非営利団体です。



リプロダクティブヘルスケアとは、性と生殖に関する健康という意味です。


もう少し詳しくリプロダクティブヘルスケアについて言うと、

人々が安全満ち足りた性生活を営むことができ、生殖能力を持ち、子どもを持つか持たないか、いつ持つのか、何人持つかを自由を持つことを意味しています。


つまり、望まない妊娠、出産の防止、性感染症予防、性暴力の防止、家族計画、不妊、ジェンダーに基づく暴力などのことを意味しています。


この話を聞くとリプロダクティブヘルスケアは、女性の健康と思われがちですが、男性にとっても密接に関係しています。


リプロダクティブヘルスケアについて興味があるので、話を続けたいのですが…

これ以上リプロダクティブヘルスケアについて書くと退屈な内容になってしまうので、このあたりで終わりにしましょう!笑「Planned Parenthood」の画像検索結果



なぜ今回、Planned Parenthoodについて書くことにしたかというと低用量ピルが欲しかったからです。


ある理由があり、私は日本にいる時から低用量ピルを服用していました。なので渡米してからも低用量ピルを服用する必要がありました。


アメリカでピルを手に入れるためには、

日本で同じで病院で診察し、処方箋を書いてもらい

薬局で処方箋を提出して薬をもらいます。


ここで問題なのが、保険です。

ご存知だと思いますが、アメリカは国民皆保険がありません。

なので、自分が入っている保険範囲外の診療の場合は100%自費です。


残念なことに私が入っている保険は


婦人科が保険適用外でした。


アメリカにいる間もピルの服用を継続する予定なので

婦人科適用の保険に加入しようかと思いましたが、

月3万円くらいかかるそうで…。


痛すぎる出費( ノД`)💦

毎日一食しか食べられなくなってしまうかも💦


ということで、

googleさまで「アメリカ ピル 無料」などで検索しまくりました!


そして、出会ったのがPlanned Parenthoodです。

Planned Parenthoodは驚いたことに


診察、検査、処方などなど

低価格または無料で医療サービスを提供しているんです!!!


こんな団体がこの世界にあるなんて!

よかったぁ~!!(;д;)

本当に助かった。

妥協したりせず、情報収集する大切さ!


少し半信半疑な部分がありましたが、

とにかく行ってみよう!


ということで、

Planned Parenthoodを地図で調べてみると、

サンディエゴにはPlanned Parenthood関係のクリニックが

いくつもありました。



自宅のZipcode(郵便番号)を入力して検索すると

家の近くのクリニックが表示されます。


そして、都合の良いクリニックを選択して、

ネットで診察予約をします!
関連画像





診察当日、ぞんくんも一緒に来てくれました。


受付のお姉さんから

日本と同じで問診票のようなものわもらい記入。


問診票に収入も有無を記入する欄がありました。

収入がある場合は年収を記入。

ここで、年収有りと記入すると無料で診察できません!




記入後、待合室で数分待つと

ぞんくんは待合室で待つように看護師さんに伝えられ、


診察室に私だけが呼ばれました。


英語ができない私。

一人で大丈夫だろうか?と心配していましたが、

看護師さんからGoogl翻訳を使っていくつか質問されました。



質問内容

(診察したのが1ヶ月前なので忘れている部分が多いです💧)



  • なぜ今回診察に来たの?

  • これまでの妊娠・出産の経験は?

  • これまでに性関係を持った人数は?

  • 性病になったことは?

  • 同性と性関係を持った経験は?

  • アフリカや東南アジア(特定の国を言ってたけど忘れました)などに行ったことある?

  • 最後に子宮頸がん検査と性病検査、乳がん検査をしたのはいつ?

  • 今まで使っていたピルは体に合っていた?

  • ピルの服用期間は?

  • これからもこのピル使いたい?

  • 喫煙する?

  • 旦那さんは暴力振るったりしない?

  • 旦那さんから暴力振るわれたことある?

  • あなたにとっていい旦那さん?




など、かなりプライベートな内容を聞かれました。



その後、待合室に戻り数分後

今度はぞんくんと一緒に診察室に呼ばれました。


すると看護師さんから


電話でプロの通訳の人を通して診察を受けることができるけど(無料)、ご主人に通訳をお願いする?


と質問が。

私は通訳は主人にお願いします!と伝えたので、

ぞんくんが通訳するにあたっての契約書を記入しました。


診察室で体重測定と血圧測定をし、

再度看護師さんから質問がありました。

質問内容

(こちらも忘れている部分あります💧)



  • 子どもは欲しい?

  • 子どもを作る予定は?

  • いつ頃子供が欲しい

  • 何人くらい?

  • 頭痛することある?




だったかかな?抜けてる可能性大です(^_^;)

最後に看護師さんから


子宮頸がん検診は年に一回受けた方がいいから、

1年後くらいにまた来てね。無料で検査できるから。


ですって!

そこも無料って!

ありがとうございます(;д;)✨


その後、尿検査をして(日本と同じ方法でした)

別室に移動し、医師の診察を受けました。

その時も色々質問されましたが

大体さっき看護師さんに聞かれた内容と同じでした!(^ ^)


医師から

同じ成分のピルを1年分処方するね。

最大3カ月分のピルを受け取れます。

一番都合の良い薬局に処方箋のデータ送っておくから

薬取りに行ってね。


1年分も!
しかもすべてデーターでやりとりしてるみたいで紙の処方箋はなし


すごいな~何から何までありがとうございます!!!



最後に、緑のカードをもらい帰宅。

この緑のカードがまたすごいのよ。






この緑のカードがあれば


Planned Parenthood関係の病院であれば



緑のカードを提示すれば診察を無料で受けられる!

という最強カードなのであります!


すごいなアメリカ。


そして、クリニックのスタッフの人が

常に笑顔で温かく接してくれ、安心して診察を受けることができました。だからかな、雰囲気も良くて心地よかったな。

言葉に手続き方法などが分からない私でも

嫌な顔せず接してくれました。


相手を思いやる気持ちや

患者さんの立場に立ってくれてる感じってやっぱり伝わるんだな、

と実感しました。



Photo of Planned Parenthood - Mira Mesa - San Diego, CA, United States



ということで、

早速、医師が処方箋を送ってくれた薬局に行ってピルを

受け取りに行ってきました!


もちろん薬代も無料!!!

日本で時間にお金、

いくら使ったか分からないくらいかかっていたのに…。


すごい、すごいと思いながら帰宅し、薬を開封すると。


おいおい先生。

私が飲んでいた薬と違いますけど??


私が日本で飲んでいたピルはこちら。
マーベロン28


「マーベロン28」の画像検索結果


今回処方してもらったピルはこちら。

Enskyce










先生言っていたことが違うじゃないか~!

だ、大丈夫なのか!?また1からやり直しかも…。


と思っていたら、

ネットで調べたところ

マーベロン28とEnskyce全く同じ成分とのこと。

どうやら後発医薬品らしい。


よかったー!!






中はこんな感じで

マーベロン28と服用方法も同じ。


違ったのは注意書きの紙の太さ!




伝わるかな??

新聞の一面くらいある注意書きが折りたたまれて入っていた。

しかも両面印刷。笑

これ読む人いるのかな??



ということで、Enskyceの服用を始めて一週間が経ちました。

今のところ副作用を感じることなく

快適な毎日を過ごせてます(^-^)/✨


私と同じように薬が欲しいけど高いから買えなかったり、

人には言えない悩みを抱えていたり、

恥ずかしくてなかなか病院に足を運べなかったり、

それぞれ悩みは違うかも知れませんが、

この情報が一人でも多くに人に伝わって、

誰かのお役に立つことができたら嬉しいです(*^_^*)



★今回紹介したところ★



★もっと詳しく★




shimika
スポンサーサイト

Comment

Add your comment

Latest